ドラゴンボール外伝「転生したらヤムチャだった件」が面白い、パロディ色の強いスピンオフ作品!

ドラゴンボール外伝「転生したらヤムチャだった件」を少年ジャンプ+で読んでみました。
今回はその感想やどんな作品かについて触れていきたいと思います。

タイトル通り「ヤムチャ」が主役になっているパロディ色の強い作品ですが、
ドラゴンボールファンなら思わずニヤッとしてしまう場面も多くて個人的にすごく面白かったです。

あらすじ

ドラゴンボールに超とんでも外伝が登場!
主人公はまさかの…アイツ!!最強を目指し、とてつもない修行にチャレンジする…!?

少年ジャンプ+より引用

平凡な日常を送る学生、女子のミニスカを覗こうとして階段から落ちてしまいます。

気を失って、ふと目を覚ますとドラゴンボールの世界でヤムチャに転生していました。

彼は猛烈なドラゴンボールファン(アプリゲームのイベントで1位を取っている)でヤムチャの宿命を知っています。

この先起こるであろう悲惨な出来事を知っている彼は、
知恵を振り絞りながらヤムチャの死の運命を変えようと奮闘するのでした。

 

この作品の面白いところ

この作品の面白い点として本人がドラゴンボールの大ファンで、
これから先に起こることや強くなる方法を知っているところです。

ヤムチャに転生した彼は最初、ブルマを彼女に出来ると喜んでいました。

しかし、よくよく考えると栽培マンとの闘いで死んでしまうことに気が付きます。

少年ジャンプ+より引用

そこで彼の取った行動が面白く、
原作で遊び惚けていたヤムチャと違って必死に強くなろうと努力します。

彼はドラゴンボールファンなので、
この世界における強くなる方法や未来の出来事を全て知っています。

その知識をフルに活用して凄惨な運命を変えようと奮闘する姿は、

もしヤムチャが強くなろうと努力していたら?

という原作ファンなら一度は思ったであろう疑問に答えてくれます。

少年ジャンプ+より引用

他にも原作を知ってるなら「なるほど!」と思わされる部分や、
ファンなら思わずニヤニヤしてしまうポイントがいくつも用意されています。

ヤムチャ以外のキャラクターはもちろん平常運転なので、「もし未来が変わってもこういう反応をするだろうな」という素の反応を見せてくれるのも個人的にはツボでした。

 

まとめ

と言う訳で、ドラゴンボール外伝「転生したらヤムチャだった件」を読んだ感想やら紹介でした。

なるべくネタバレをしないように書いたので、
栽培マンとの闘いはどうなったの?サイヤ人には勝てたの?

なんて疑問を持った方は少年ジャンプ+で無料公開されているのでぜひ見てみてください。