「血と灰の女王」が想像以上に面白かった 感想&あらすじ【マンガワン】

無料漫画アプリ『マンガワン』で連載されている「血と灰の女王」を読んだ感想やあらすじを書いていこうと思います。

個人的に無料漫画には抵抗があって今まで手を付けていなかったのですが、想像以上に面白くてビックリしました。

 

血と灰の女王とは?あらすじ

新連載!閲覧注意の刺激的ヴァンパイアホラー!

富士山が噴火して以来、日本の、そしてこの街の夜が一変したーー

火山灰をかぶった一部の人間達は驚異的な力を誇る闘争型ヴァンパイアとなり血で血を洗う殺し合いを開始!トップに立った者は全世界を支配するルールの中で、主人公・ドミノが這い上がる!!

表現コードギリギリの筆致で描く閲覧注意のダークホラーバトル、開幕!!!!!!

裏サンデー公式より引用

簡単に説明すると火山灰をかぶって化け物になった元人間が世界を支配するためにヴァンパイアの王の座をめぐって殺し合うというストーリーです。

最初の戦いは2000年前にイタリアのポンペイで始まりました。その戦いで勝ち残ったヴァンパイアは全てを可能にする力を得て、この世界全てを支配する王になれるようです。

ちなみにヴァンパイアの王は今も健在で世界を支配しています。主人公のドミノはその後継者を決める戦いに挑みます。

表現コードギリギリと言うだけあってかなりグロイ描写も多いので、そういうのが苦手な人は見ないほうがいいかもしれません。

 

ネタバレ・気になったところ

主人公のドミノはめちゃくちゃ強い?

「血と灰の女王」1話より引用

主人公のドミノは向かうところ敵なしの強さでした。

1話で善を襲ったヴァンパイアはドミノの気配を察しただけで逃げてしまう描写があります。

また親友を殺されたことでヴァンパイアとして覚醒した善が理性を失って襲い掛かった際に逆にフルボッコにされていました。

このことからもドミノはヴァンパイアとしてかなり強いんじゃないかなと思います。本人も発言などを見る限りかなりの自信家なようです。

後に出てくる京児(親友の兄)に「自信満々で悪くて強い、たまに優しい」と評されています。

 

佐神善の狂気に近い正義感

「血と灰の女王」1話より引用

マジメで正義感が強く序盤の登場シーンも多かったことから「血と灰の女王」の紹介文を読むまで主人公と勘違いしてしまいました。

ドミノに「栄誉」「忘却」「挑戦」の3択を迫られた際には「どれも興味はない、これ以上誰も死なせたくない。だから戦う」と発言します。

また京児に戦う理由を問われた際にも「誰かを守るためだけに戦う」と言い放ちました。

このことから正義感が非常に強いことが分かります。見ず知らずの人間を助けるために自分の命を軽率に扱っている部分が見え隠れしていて、別の意味でイカれていると思いました。

ちなみに昔病院に入院していたときに絵を描くことしかなかったらしく、絵が上手いです(ただしかなり暗い)

 

感想・まとめ

今のところ1話~10話まで掲載されていますが、個人的には面白かったです。

ストーリーもしっかりしていてテンポよく進んでいきます。バトルシーンも作りこまれていて見応えがあり読み進めていくうちにどんどん惹きこまれました。

グロい描写が多いのもあって見る人を選ぶ作品かもしれませんが、嫌いじゃないよと言う人は1話は完全無料で公開されているのでお試しで見てみるのをおすすめします。

あとマンガワンには「ちょい足し」という原作者のおまけイラストをチケット(10枚無料で配布)を使うことで閲覧できるのですが、「血と灰の女王」のちょい足しイラストは男子必見です。