【ワンパンマン】蛇咬拳のスネックの強さや実力について考察、いぶし銀なカッコよさ!

ワンパンマンに登場している「蛇咬拳のスネック」についての考察記事になります。

合格者セミナーで初登場したときは態度が悪かったサイタマに対して新人潰しを行ったり、嫉妬深いかませ犬キャラ的なポジションでしたが、最近になってスネックがどういう人物か垣間見えたりする描写が増えてきたように思います。

いぶし銀的な味のあるキャラクターなのでワンパンマンの中でも個人的に大好きなキャラクターです。

 

スネックの強さ・実力について

深海王の一撃を避ける

リメイク版ワンパンマンの32話にて深海王の一撃を避けた描写があります。ニ撃目であえなくふっ飛ばされてしまいましたが、作中でも屈指の速さを誇るソニックが「速い!!」と深海王の攻撃に驚かされる描写がありました。

また同じくA級20位のイナズマックスも深海王の一撃を避ける間もなく(おそらくほとんど見えていなかった)吹き飛ばされてしまっていることから、一撃とはいえ深海王の攻撃を避けたスネックはなかなかの動体視力と反射神経を持っていることが伺えます。

 

異種格闘大会ベスト4常連!

異種格闘技大会(スーパーファイト)の選手紹介にてアナウンスに「ベスト4常連!」と紹介される場面があります。優勝賞金は300万ということもあってそれなりに大きい規模の大会で、毎回上位に入っているあたりそこそこ強いことが分かります。

 

ベンバッツに難なく勝利する

同じく異種格闘技大会にて酷道流のベンバッツに「強そうには見えんな」や「ヒーローランキング最下位野郎が!」とバカにされますが圧倒的な試合内容で勝利します。

そのあとベンバッツが「なんだよ…全然弱くねーじゃねーか」と発言しています。またベンバッツに蛇咬拳を決めて試合が決着した際にニガムシがその技に驚いたような表情を見せていました(なお隣にいるサイタマは無表情)

 

化け物クラスには歯が立たない

一般人から見るとかなり強く見えるスネックですが、深海王やスイリューなど(サイタマは例外)いわゆる化け物クラスの強さを持つ相手にはまったく歯が立ちません。

スネック自身も重々自覚しているようでベンバッツに勝利後「現実を見るとウンザリするぞ…どこもかしこも化物だらけでな」と発言しています。

 

スネックの魅力・性格について

ランキングが気になって仕方がない

プロヒーローには実力に応じた順位付け(ランキング)があります。スネックは自分のランキングをかなり気にしているようで、自身のランクA級最下位を「A級ランク38位」と事あるごとに言い換えています。

また深海王戦で他のヒーローと共闘した際の「38位の最下位とはいえ俺もA級のはしくれ…」という発言や格闘大会のアナウンスで「A級ヒーロー最下位の男」と紹介された際の「最下位とかいう必要ある?」という発言からランキングが気になってしょうがないようです。

ベンバッツに最下位とバカにされたときも「最下位じゃない…A級最下位だ…!」とイライラする場面がありました。

 

プロヒーローとしての誇りと葛藤

そんなランキングが気になって仕方ないスネックさんですが、プロヒーローとしての誇りはちゃんと持っているようです。

深海王との戦いでレベル鬼と聞いて一旦はシェルターに避難するも民間人がピンチになると一転して戦闘意欲を示したり、リメイク版102話の回想で市民が怪人に襲われているところを「市民には指一本ふれさせんぞ」と怪人と戦う描写があることからヒーローとしての自覚と誇りはきちんと持っています。

ただ化物クラスの敵にはどう足掻いても勝てないことや一般人の中にも自分より遥かに強いやつがいると分かり「プロヒーローが本当に必要なのだろうか?」「自分がいなくても代わりに【誰か】が怪人を退治するのではないか」と葛藤するシーンがあります。

この自己否定とも取れる心の葛藤ですが、いつもランキングを気にして嫉妬ばかりしているスネックとは違ったプロヒーローに対する誠実な姿勢や熱い思いが垣間見えます。

いま思うと合格者セミナーでサイタマの態度に憤慨していたのもプロヒーローという存在を否定されたように感じていたからかもしれません。

 

まとめ

と言う訳で、スネックの強さや実力についての考察記事でした。

最近のワンパンマンではスネックの魅力が分かる描写が頻繁に描かれています。初登場が最低な印象だっただけに個人的にはうなぎ上りに評価が急上昇中です。

かなり直近の話でネタバレに近くなってしまいますが、スイリューがピンチになった際に「逃げればよかったのに…何をしに戻ってきたんだ?」と問われてイナズマックスと顔を見合わせて「助けに」と即答したシーンには胸が熱くなりました。

直前で弱いと罵られたうえ勝てないと分かってても助けに来るあたりやっぱりプロヒーローなんだなあと思いました。。。