【シャドバ】イージス採用、疾走ビショップを作ってみた【神々の騒乱】

ゼウス降臨が追加されてから一ヵ月ほど経ちました。
依然、ランプドラゴン、アグロネクロが環境トップみたいですね。

しばらくシャドウバースから離れていたのですが、
復帰して新しくデッキを作ってみたので紹介したいと思います。

 

現在の環境(ゼウス降臨)

環境トップのランプドラゴン、
そのメタデッキとしてアグロネクロが流行っています。

そしてアグロネクロの対抗に除去回復マシマシのビショップがちらほら、
とはいえランプドラゴン、アグロネクロ2強の環境といっても過言ではないでしょう。

この2つのデッキにある程度勝てなければランクマッチでの採用は厳しくなります。

※Master帯の環境です。

 

デッキレシピ

少し見辛いかもしれませんがデッキレシピです。
疾走ビショップに「ヘブンリーイージス」を採用してみました。

なぜ疾走ビショップなのかというと、

  • アグロネクロに消滅が刺さる
  • ぶん回ればランプドラゴンにも勝てる(相手もぶん回ると無理)

という理由からです。

アグロネクロには「漆黒の法典」や「鉄槌の僧侶」といったビショップお馴染みの消滅系カードがよく刺さります。

また「禁じられた儀式」も少々使いづらいところはありますが、アグロネクロ対策に有効なカードで、序盤にアミュレットしか置けず盤面を取られてしまった時の保険になります。

 

ヘブンリーイージスの採用理由

イージスの採用理由については、

ランプドラゴンにワンチャン刺さるからです。

基本的にランプドラゴン側はこちらが疾走ビショップと分かると盤面の処理を優先してきます。

「イージス出すならコントロールで良くね?」

という声が聞こえてきそうですが、
盤面の処理を優先してくれる分、ランプドラゴン側に自由に動かせないメリットがあります。

そして、盤面を処理しきって油断しているところにイージスを叩きつけようという算段です。

出来ればイージスに頼らず勝ち切るのが理想ですが、今のランプドラゴンは回復と除去が強すぎて相手が事故ってない限り、押し切るのは難しいです。

その他にもコントロール系のデッキに刺さってくれたり、息切れしたときの保険で使えるので疾走ビショップにイージスを採用しています。

 

マリガンについて

マリガンについては、他のデッキ同様1・2コスをキープ、
対ネクロの場合のみ「禁じられた儀式」や「鉄槌の僧侶」も残しておきます。

ただし、「鉄槌の僧侶」に関しては、こちらが後攻(進化権が理由)、かつ法典かリノを引いているという条件が揃ったときのみキープ候補になります。

正直事故る可能性も高くなるのでマリガンしても問題ありません。

ランプドラゴンが相手ならイージスを1枚だけ残しておくのもありです。

 

デッキの回し方・戦い方

対アグロネクロ

盤面重視で隙があれば顔面を殴りにいきます。

「骨の貴公子」を出された時に相手の盤面に2体以上並んでいるとキツいので序盤は除去に徹しつつ、カウントアミュレットを置いていきます。

中盤以降に「ゾンビパーティ」や「魔将軍・ヘクター」でフォロワーを並べられた場合は「ダークジャンヌ」で対応しましょう。

序盤に消滅などで上手く対応できれば自然と有利な状況になっているはずです。

受けきれなかったときは素直にリタイアしましょう。

相手の回り方次第ですが、先行なら有利、後攻だと微不利か五分という感じでした。

 

対ランプドラゴン

疾走ビショップらしくガンガン攻めながらイージスを出せるタイミングを伺います。

序盤から白翼、獣姫、神鳥のアミュレットを置いて出てきた疾走フォロワーで顔面を殴っていきます。

ランプドラゴンの序盤はPPブーストするか除去くらいしかやることがないので、積極的に攻めていって問題ありません(託宣ラハブはすこぶる厳しいです)

イージスとか知らねえぶっ○す!!!

くらいの攻め方で丁度いいと思います。受けきれなければ相手がリタイアしてくれるでしょう。

大事なのはイージスを持ってるのがバレないことで、
「僕のデッキは疾走ビショップです。」ということを相手にアピールしましょう。

ちなみに勝率は先行、後攻でも若干不利気味という感じでした。

ただ、イージスを出して勝てるとしてやったり感があって気持ちいいです。

 

まとめ

と言う訳で、イージス入り疾走ビショップの紹介でした。

相手の回り方に左右されるところも大きいですが、環境トップのランプドラゴンとアグロネクロにワンチャンあるデッキなので良かったら使ってみてください。