進撃の巨人23巻のネタバレ感想、四足歩行の巨人の正体が明らかに?

進撃の巨人23巻を読んだので、ネタバレ含む感想を書いていきます。

前回から四年が経過し、エレンたちと敵対することになるであろう、マーレ側にスポットが当てられていました。

戦争になったら、どっちにも感情移入してしまいそうな予感…(笑)

てな訳で、少し内容を紹介していきます。

 

パラディ島から四年後の話し

23巻の内容は、エレン達との戦いから四年後の話しでした。

急に時間経ち過ぎで、置いていかれた感はありますが、マーレ側は「始祖の巨人奪還作戦」が失敗に終わったことで、諸外国と戦争になっていたようです。

表紙でもそうですが、ライナーはヒゲを生やしているせいか大分大人びた印象になっていました。

実際、あれ以降も「鎧の巨人」として、戦争の前線で戦い続けていたようです。

そして、この四年後の世界では、対巨人用の砲台や戦艦が用意されていて、もはや「九つの巨人の力」は絶対的なものではなくなっていました。

普通に「鎧の巨人」の硬質化もぶち抜くほどの固定砲台があったりします。

しかも、巨人の力に頼り切っていたマーレは軍事力面で諸外国に後れを取ってしまっていたようです。戦争になったのは奪還作戦が失敗した背景もあるようでした。

 

マーレ側の主役四人

今後マーレ側の主役になりそうな四人が登場。四人はそれぞれの名前を「ガビ」「ウド」「ゾフィア」「ファルコ」と言い、ライナーやベルトルトと同じ戦士候補生です。

おそらく「九つの巨人の力」を継承する存在なのでしょう。そうなったら、エレン達とぶつかるような事もあるかもしれませんね。

ただ戦士候補生とは言っても、ほとんど子供に近い年齢で、見た目も言動にも、まだ幼さが残ります。たぶん、訓練兵時代のエレン達より若いんじゃないかな?

特に「ガビ」という少女は昔の「死に急ぎ野郎」時代のエレンに性格が似ていて、武勲を挙げて巨人の力を継承するために戦争でも、真っ先に敵陣に飛び込んでいくタイプです。

ちなみに顔もちょっとエレンに似てたり。。。

始祖の巨人を継承した王家の女性もそうでしたが、何か関係があるのかな?

 

マーレに利用されるエルディア人

ライナーやジーク戦士長もそうですが、エルディア人はマーレ政府に良いように利用されていました。

収容所のエルディア人は、エレン達のいるパラディ島のエルディア人は全て悪魔と思い込んでいて、島に住む悪魔共さえ来てくれればエルディア人は幸せになれると考えているようです。

幼い頃からそういう教育を受けていたせいか、そうやって思い込まなければ、収容所で生きていけないからか分かりませんが、少なくとも戦士候補生の「ガビ」は完全にそう思っています。

そして、自分たちは過去のエルディア人が侵した過ちを償う善良なエルディア人だと。。。

正直、聞いてて胸くそな話でしたが、パラディ島のことを何も知らないし、自分たちを置き去りにして壁の中に逃げたと思い込んでるからしかたないことなのかな。

ただ、壁の中での5年間の話しをライナーから聞いた時には少しショックを受けたような表情をしていました。真面目に冗談っぽく「そこにいた日々はまさに、地獄だった」と話したライナーのセンスも素晴らしかった(笑)

 

まとめ

と言う訳で、進撃の巨人23巻を読んだ感想やら考察でした。

ライナーの巨人としての任期も後2年しかないようなので、新しい戦士候補生四人に力を継承することになるでしょうし、もうエレン達に会うこともないかもしれませんね。

なんにしてもライナーの心の闇がよく分かる話しの内容でした。

進撃の巨人23巻より引用

ちなみに四足歩行の巨人は、たぶんこの女性だったみたいです。