【タガタメ】ランク100に到達!初心者の内にやること、プレイヤーレベルの効率的な上げ方など

一周年記念キャンペーンから始めた『タガタメ』ですが、正直もっと人気があってもいいんじゃないかと思うくらい面白いです。ストーリーがよく作りこまれてるし、戦闘もオートでサクサクプレイできて、ガチャも良心的な設定です。

本題ですが、プレイヤーランクが100に到達しました!一周年記念キャンペーン中だったのと、時間ごとのスタミナ回復制度のおかげで、スムーズにランク上げできました。

個人的にソーシャルゲームではランク100が初心者から中級者への転換期だと考えています。

そこで今回は、初心者から中級者にステップアップするためにも、ランク100に到達するまでにやっていたことをおさらいしつつ、今までに活躍してくれたユニットの紹介や今後の方針を決めていこうと思います。

 

レベル100までにやっていたこと

レベル100に到達するまでにやっていたことを大きくまとめると

  • ストーリーを進める
  • ゴールドラッシュを周回する
  • ハードクエストをクリアする
  • 配布ユニットを育成する
  • 装備品を強化する

以上のことを優先して行っていました。理由は順を追って詳しく説明していきます。

ランク上げ目的でストーリーを進める

タガタメはストーリーを一つクリアするごとにミッション報酬が設けられていて、クエストをクリアして経験値をもらうより圧倒的に効率がいいです。

また、プレイヤーレベル以上にキャラのレベルを上げれないシステムになっているので、序盤はストーリーを進めてとにかくレベルを上げることを優先していました。

限界突破なしの星5キャラがMaxで60レベルなので、そこを基準にプレイヤーレベルを上げるのがいいと思います。

 

土日にゴールドラッシュを周回する

タガタメはお金(ゼニー)の消費量がハンパじゃないです。アビリティのレベル上げや装備品の強化、アイテムの購入など何か行うたびにゼニーを消費してしまいます。

そのため、土日はほとんどのスタミナをゴールドラッシュに費やしていました。毎日1回限定の「りんごーるどラッシュ」はユニット経験値と大量のゴールドを獲得できるので、欠かさずクリアするようにしていました。

 

ハードクエストをクリアする

魂の欠片を入手するために、ハードクエストも優先していました。ランク上げにあまり影響がないうえに、キャラの育成にも急な変化はありませんが、毎日3回のみということで地道に入手していました。

限界突破することで最大レベルが上がり、解放できるジョブが増えます。そこで優秀なアビリティを覚えるキャラも多く、今のうちに欠片を集めておくのが得策だと考えたからです。

ハードクエストをクリアするのは、自分が所持しているキャラクターのみです。

 

配布ユニットの育成

イベントで魂の欠片を集めることで入手できる、配布ユニットの育成を行っていました。通常のキャラはハードクエストで毎日3個しか欠片の入手ができず、限界突破するのに時間が掛かります。

しかし、配布ユニットならイベントを周回することで欠片を入手でき、限界突破を簡単に行えます。限界突破することでホーリーナイトなどの上位ジョブを解放でき、最大レベルが上がることでステータスを底上げするのが目的です。

短期間で強くなるためにも配布ユニットの育成は積極的に行っていました。

 

ジョブのレベル上げや装備品の強化

装備品の強化も積極的に行っていました。なぜかというと、装備品を強化することで上がるステータスの上昇値が大きかったからです。

キャラのレベルを上げるよりもジョブレベルを上げて、装備品を強化するほうが効率的に強くなれます。強化に必要なアルケミィポッドは『錬金ポット奪還』クエストで入手していました。

 

 

以上がレベル100になるまでに重視してやっていたことです。次はメインで活躍してくれたキャラクターを紹介していきます。

メインで使用したキャラクター

アルベル

レベル100に上がるまでに最も活躍してくれたのが『アスベル』です。見た目に惹かれて、一周年記念の1有償石で購入できる「選べる召喚チケット」を使って召喚しました。マシーナリーのアビリティが強く、爆裂弾ぶっぱでオート周回もサクサクです。今後もメインで使っていこうと思っています。

 

アスワド

『アスワド』はステップアップガチャで召喚できたユニットです。移動範囲の広さから、宝箱の入手や残った敵の殲滅に活躍してくれました。ガチャで何度か重なってくれたことで、比較的はやく限界突破できました。双剣士を解放してから「暗歩」覚えたことで高い確率で回避してくれるようになりました。

 

セツナ

『セツナ』もステップアップガチャで引くことができました。初期ジョブの剣豪が強くて、限界突破なしでも大活躍してくれたユニットです。攻撃力の高さと「虎振」の範囲攻撃で一気に敵の数を減らしてくれました。移動範囲もかなり広くて使いやすかったです。

 

クラージュ

スナイパー特有の攻撃範囲の広さから、ゲーム序盤に大活躍してくれました。アスベルの育成が終わってからは使用機会は減りましたが、今後、難易度の高いクエストに挑むにあたって、属性も意識しないといけなくなりそうなので地道に育成していこうと思っています。

 

以上がメインで活躍してくれたユニットになります。本当は『ティルファング』や『クロエ』も紹介したかったのですが、オート周回がメインだったので、移動範囲の狭さから使いにくかったのが正直なところです。いずれ高難易度クエストで活躍してもらおうと思っています。

 

最後に今後の方針について考えていこうと思います。

今後の方針について

今後は、いままで手を付けてこなかった「エクストラクエスト」の攻略をしていこうと思います。一度だけファンキルコラボの大量獲得クエストに挑んでみたのですが、自分には難しすぎて完全に心が折れました。

ですが、キャラの育成もある程度進んできたので、コンテニュー覚悟、できればノーコンでクリアできればと考えています。武器の入手にも「エクストラクエスト」をクリアするのが必要みたいなので、少しずつ手を付けていきたいと思います。