ワンパンマン118話を読んだ感想、番犬マンとガロウの勝負の行方は…?

ワンパンマン118話が更新されていたので、さっそく読んできました。

最近は更新が早くて嬉しいかぎりです。

表紙はエスパー姉妹でした。

両方をお望みシマス!!!

といいたいところですが、タツマキちゃんでお願いします!

※断じてロリコンではありません。

 

面白かったシーン

サイタマの悩みを決めつけるキング

ワンパンマン118話より引用

暗い顔をして歩くサイタマにキングが話しかけるシーン。

優しく気遣いながらも、毛髪が原因と勘違いするキングに笑いました。

キングにしろ、ジェノスにしろ、サイタマの悩みを決めつけすぎなんじゃ?

もはやテンプレ化してる、安定のハゲいじりでした。

 

流水岩砕拳にお手する番犬マン

ワンパンマン118話より引用

ガロウ渾身の流水岩砕拳にお手で返す番犬マン。

なんか可愛い。犬としての本能みたいなものだろうか。。。

わざとやってるにしろ、相当実力差がなければ出来ない芸当な気がします。

サイタマに似た雰囲気からも強者感は半端なかったですが、

金属バットやタンクトップマスターより格上なのでしょうか。

 

ガロウの残念すぎる声

ワンパンマン118話より引用

完全に想定外の攻撃を受けて「ぽぇ」とかいう声を出すガロウ。

キングにやられたと勘違いするガロウがショックを受ける展開が見えました。

しかし、キャラ崩壊レベルの残念すぎる声でしたw

 

感想

サイタマとキングの最強コンビのヒーロー談義が面白かったです。

吸収するものがなくなって、自己成長を楽しめなくなったサイタマがレベル最大になったゲームの主人公に例えていたのは、ちょっとなるほどなって感じでした。それに対してやりこみ要素を説くキングさん、さすがです。

漫画で得た知識なのか、ヒーローの本質をサイタマに語るキングは良いこといってます。しかし、行動が伴っていないにも拘わらずこの説得力はどこから来るのでしょうか。

ワンパンマン118話より引用

なんだかんだサイタマに敗北感を味わわせれるのはキングだけなんじゃ?

番犬マンとガロウの戦いはずっと気になっていて、正直やっとかと思いつつも、あっさりガロウがやられる展開には少し驚きました。

しかし、こうなると番犬マンの正体が気になってきます。ガロウが人間とは別の生き物といってるあたり、もしかしたらフィニックス男みたいな実は怪人だったなんてこともありえるかもしれませんね。