【シャドバ】マステマ採用型、アグロヴァンパイアを組んでみた【デッキレシピ】

 

マステマを採用したアグロヴァンパイアを組んでみました。

正直なところ死の舞踏でいいんじゃないかと思うところもあるのですが、マステマを採用するメリットもあるので参考にして頂ければ幸いです。

 

デッキレシピ

カード名 コスト 枚数
ゴブリン 1 2
蠢く死霊 1 3
呪剣の吸血鬼 1 3
ブラッドウルフ 1 3
吸血姫・ヴァンピィ 2 3
レヴィオンデューク・ユリウス 2 3
鋭利な一裂き 2 3
眷属の召喚 2 3
吸血鬼の古城 2 2
ミニゴブリンメイジ 3 3
吸血貴・ヴァイト 3 3
デモンストライク 4 1
夜の群れ 4 3
マステマ 5 2
インプランサー 6 2
アルカード 7 1

デッキレシピになります。今回はマステマを使ってあげたいので事故る可能性は否めませんが2枚入れています。デモンストライクやアルカードはリーサル用にピンで入れるといい感じに活躍してくれます。

 

デッキの回し方

普通のアグロヴァンパイアと同じく、フォロワーを並べて相手リーダーの体力を削っていきます。マステマは5ターン目に出したいところですが相手に盤面を取られていると場に置くのが難しいです。なので、出来るだけ盤面を有利に運びつつ出せるタイミングを作りましょう。ある程度有利な盤面で出せれば相手の返しが難しい状況を作ってくれます。

 

マステマを採用するメリット

マステマを採用する上で無視できないのが同コストの「死の舞踏」の存在です。マステマの使い道である守護フォロワーの除去は「死の舞踏」でも問題ない場合が多く、さらに相手リーダーへのダメージも発生するので大半のアグロヴァンパイアでは「死の舞踏」が採用されています。ただ相手のフォロワーがいない場合「死の舞踏」は発動できない事などを考えるとマステマを採用する価値がまったくないと言う事はありません。有利盤面を固めたり、全体除去スペルの返しなど「死の舞踏」にはないメリットもしっかりあります。