メイドインアビスのグロ美味しい料理をまとめてみた!(1巻~5巻まで)

メイドインアビスに出てくるグロ美味しい料理をまとめてみました!

見た目の割に美味しそうなものばかりで、実際に食べてみたいものです。

 

リコ爆弾

一巻で登場したバカでかいおにぎり。通称リコ爆弾。

探窟前には欠かさず持っていくらしい。

形はいびつで、海苔っぽいものを貼りまくっている。

ちなみにレグの好物。味はともかく腹は膨れそう。

 

リコ汁

内臓を取り除いたガンギマス(アビスに生息する魚)をぶつ切りにして、味噌とサイノナ(野草?)を入れた鍋にぶち込んだ一品。

見た目は悪いものの、味はリコ爆弾を凌ぐ模様。むき出しの骨を見た限り、家庭で作る魚の鍋とさほど変わらない気がする。

 

リコ石焼き

レグが仕留めたナキカバネの肉を石焼きにしたもの。

見た目も素晴らしい、鉄板ステーキのような贅沢な一品。

癖はあるけど味は美味しいらしい。

個人的にもお金払って食べてみたいレベルの料理。

めっちゃ美味そうなんだが…w

なお食したナキカバネは直前に人間を食べており、プチ食物連鎖になっている。

 

奈落シチュー

ナナチ特製の奈落シチュー。

粘り気が強く、香りは生臭い。お前もやっとけない。

これでも食材はかなりまともだったが、レグ曰く、度し難い、分泌物の味。

おそらく下処理を全くしないまま、素材を混ぜまくったのが原因。

ナナチはレグから指摘されて、ようやくマズいことに気付いたらしい。

これを食べたレグは、瀕死のリコのため、自分が料理を作ることを決意した。

このナナチの表情から見るに、そこそこ自信作だったのだろうか。

 

レグ焼き

ナナチ飯を避けるため、レグが慣れない手つきで作った一品。

タケグマの肉を直火で炙っただけの、大変男らしい料理。

強い獣臭で、ナナチでさえ、やべえ臭いと言っていた。

口に入れると排泄物の臭いが口いっぱいに広がる模様。

おそらく下処理の段階で、タケグマの内蔵を破裂させたのが原因。

味はナナチ飯と同程度らしい。マズいながらも、ちゃんと完食していた。

 

ガンキマスの揚げ焼き

回復したリコが、ナナチに指導しながら作った料理。

モツもしっかり取り除いて下処理も完璧。

香りづけに散らしたズツウギの根が食欲をそそる。

「要は味だぜ…」と強がるナナチも、涙を零しながら食らいついた至高の一品。

ナナチは貧しいスラム出身で、美味しい物を食べたのはこれが初めてだった様子。

奈落シチューを普段から食していた彼女にとって、相当感動的な味だったに違いない。

 

リコ刺身

深界五層「なきがらの海」の水中で取れたハマシラマを塩もみしただけの一品。

凄まじいヌメり気で、塩もみすると体積の倍のヌメりが出ていた。完全に鼻水。

ただ見た目とは裏腹に甘みがあって美味しいらしい。

実際のハマシラマ。食べるのを躊躇してしまうグロテスクな見た目。

見かけで味を判断できないところは深海魚と似ている。

ちなみに泳ぐときは、胴体が膨らんでハリセンボンのようになるらしい。

 

行動食四号

前線基地(イドフロント)で配給された固形食品。

探窟家のために作られた完全な栄養食。壁の味がするらしい。

リアルでいうところのカロリーメイトのようなもの?味はおそらくそれ以下。

ナナチも昔食しているが、そっぽを向くような食べ物。

幼い頃から食べているプルシュカは、美味しいか美味しくないかも分からないまま食べていた模様。

 

まとめ

以上、メイドインアビスのグロ美味い料理まとめでした!

見返してみると、トコシエコウの実が調味料で頻繁に使われていることが分かりました。

葬式に祭りに、料理にまで使用されるとか万能すぎる。。。