【シャドバ】カオスシップ軸の復讐ヴァンパイアデッキを紹介!マリガンや有利不利について

今回はカオスシップ軸の復讐ヴァンパイアデッキについて紹介していきたいと思います。

徐々にアグロ環境に移行しつつありますが、いまだトップメタのドラゴンに有利が取れるのでそれなりの勝率を確保できるデッキになります。

デッキレシピ

デッキレシピがこちらです。「カオスシップ」は復讐時にコスト2以下のフォロワーをランダムに2体場に出すことができるので、「ソウルディーラー」や「ベルフェゴール」で復讐にしつつ5ターン目にカオスシップを出していきます。

低コストのフォロワーが少なめの構成ですが、「カオスシップ」のサーチがぶれないようにするため最低限のフォロワーしか入れていません。ちなみに場に出て嬉しいのは「ブラッドウルフ」か「糸蜘蛛の悪魔」になります。もう少しアグロ寄りにしたい場合はゴブリンを2~3枚採用しても良いかもしれません。

 

カード紹介

カオスシップ

このデッキの主役カードです。復讐時に出せれば2コス以下のフォロワーを2体場に出せるので1枚から大量展開できます。特に「ブラッドウルフ」や「糸蜘蛛の悪魔」とのコンボが強力で、守護を展開しつつ疾走で顔面を攻撃できるなど上手く決まればそれだけで試合が決まるようなこともしばしば

ただし復讐状態でない場合、効果がかなり弱くなるので「ソウルディーラー」や「ベルフェゴール」での体力調整が必須になります。

 

ベルフェゴール

ファンファーレでカードを2枚引いた後、復讐状態でなければ体力が10になるように自傷ダメージを与えます。リスクの高いカードですが復讐状態の調整には打ってつけのカードで、2枚ドローのアドバンテージも素晴らしいものがあります。

「カオスシップ」が主役のデッキではありますが、「ベルフェゴール」がいないとデッキが回りません。このデッキのエンジンとなるカードです。

 

黒死の仮面

自分のリーダーがダメージを受けた場合、そのダメージをカウントを減らすことで肩代わりしてくれるアミュレットです。カウント1になったときに、2以上のダメージを受けてもアミュレットは壊れますが自身のリーダーへのダメージは0になります。

採用するかどうか意見が分かれそうなカードではありますが、アグロが増えてきたので復讐後の殴り合いに強くするために入れています。「カオスシップ」で展開しつつ横に「黒死の仮面」を置ければ中々手堅い盤面にすることができます。

 

マリガンについて

基本的に1、2コス以外はマリガンになりますが一部例外があるので解説していきます。初手に引きたいのは「蠢く死霊」「呪剣の吸血鬼」「ブラッドウルフ」「糸蜘蛛の悪魔」「眷属の召喚」になります。

それ以外は全てマリガンで問題ありませんが、前述した初手に引きたいカードが手札にあってなおかつ「ベルフェゴール」または「カオスシップ」のどちらかを引けていた場合は「初手に欲しい低コストカード」+「ベルフェゴール」「カオスシップ」は温存が望ましいです。

 

有利不利について

ドラゴンには相手がガン周りするか自分が事故らなければ大体勝てます。アグロネクロには先行を取られるとかなり不利で展開されたフォロワーに「貴公子」でラストワードを付与されると大体負けパターンです。

デッキが事故らなければその他のデッキには大体有利が取れますが、最近また流行りつつある「アルベールロイヤル」などの疾走フォロワーが多いデッキには復讐のリスクが大きくなってしまうので相性が悪い相手になります。

 

まとめ

以上がカオスシップ軸の復讐ヴァンパイアデッキの紹介でした。ドラゴン対策にアグロネクロが流行っていますが、あまり同じデッキを使いたくないという人は作ってみても面白いんじゃないかなと思います。

カオスシップ軸のヴァンパイアは採用するカードが人によってかなり分かれそうなので構築に自身がある人にはおすすめのデッキです。「サーペント」や「バフォメット」を採用しても面白そうですね。