【FEH】カゲロウの最終ステータスや闘技場での使用感、「秘毒の暗器」の歩兵特攻が強かった

カゲロウが40レベルになったので最終ステータスや闘技場での使用感について書いていこうと思います。

カゲロウは星4から入手できるので、もし覚醒させるかで悩んでいるかたがいれば参考にしてみてください。

 

カゲロウの最終ステータス

最終ステータスはこうなりました。

個体値の関係で個人差はあると思いますが、全体的にステータスは控えめな感じですね。速さについては激戦区の30台なのでギリギリ合格点と言ったところでしょうか。

攻撃もアタッカーとしては少し低めな数値です。「秘毒の暗器」に歩兵特攻が付いているからかもしれません。守備と魔防については普通ですが、HPの低さを考えるとかなり脆いです。

 

カゲロウは強さや使用感について

カゲロウを使っていて強いと感じたところは

  • 歩兵特攻の範囲の広さ
  • 闘技場でかなり活躍できる

以上の2点です。

詳細は順番に解説していきます。

 

歩兵特攻の範囲の広さ

「秘毒の暗器」の歩兵特攻は騎馬、飛行、重装以外に全て適用されるのでかなり広範囲の特攻武器になります。

敵が歩兵かつ守備が低めという条件が揃えば三すくみ有利でしか出せないようなダメージを属性の相性に左右されず与えれるのは強い点だと思いました。

相手が暗器なら「暗器殺し+歩兵特攻」が発動するので確実に仕留めることができます。

また魔導相手にも強く、「明鏡の一撃」で被ダメージを抑えつつ奥義スキルの「血讐」で大ダメージを与えることが可能です。

 

闘技場で活躍できる

闘技場ではタクミの存在もあって、歩兵キャラが多いです。そのため、「秘毒の暗器」の特攻が入りやすく、アタッカーとして活躍しやすいです。

そのタクミへの対策としても有効で、攻撃バフを乗せるか奥義スキルを発動させれば一撃で倒すこともできます。

相手が赤属性中心の編成だった場合、こちらの緑属性は活躍しにくいですが、カゲロウなら歩兵という条件だけである程度のダメージが出せるのは利点でしょう。

 

カゲロウの弱い点について

ここまで強い点のみを紹介してきましたが、逆に弱いと感じたところを挙げると

  • 重装相手に歯が立たない
  • 先制されると反撃できずに落ちることがある

この点は弱いなと思ったところです。

重装相手に歯が立たない

カゲロウは歩兵特攻が入らないと「秘毒の暗器」の威力が低いためダメージが伸びません。最悪なのが重装相手で、防御の高さと特攻が入らないことからダメージ0になる場合が多々あります。これは属性相性に左右されない点が有利が取れないことで裏目に出るところです。

 

先制されると反撃できずに落ちることがある

カゲロウはHPがかなり低いので、先制されると反撃すらできずに落ちることがあります。魔導相手にも先制時には「明鏡の一撃」が発動して被ダメージを抑えれますが、相手に先制されると発動しないので一撃で倒されてしまうこともあります。

 

まとめ

今回の内容をまとめると

  • 「秘毒の暗器」の歩兵特攻は範囲が広く強い。闘技場で活躍でき、タクミ対策などにも使える。
  • 武器の威力が低いので、特攻が入らない重装は天敵。先制されると即死する可能性がある。

という感じでした。

悩むくらいならとりあえず覚醒させてもいいんじゃないか思うくらい優秀なキャラなので英雄の翼を使う価値は十分あるでしょう。