ゴブリンスレイヤーについて、最弱ゴブリンを狩り続ける最上位の冒険者

今回はコミカライズ版のゴブリンスレイヤーを紹介していこうと思います。

前々からKindleおすすめ本に載っていたことから、個人的に気になっていた本で、元のジャンルはライトノベルですが、コミカライズ版も出版されていて、普段漫画ばっかり読んでる自分でも抵抗なく読むことができました。

 

ゴブリンスレイヤーとは?

「俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ。」
その辺境のギルドには、ゴブリン討伐だけで銀等級(序列三位)にまで上り詰めた稀有な存在がいるという……。
冒険者になって、はじめて組んだパーティがピンチとなった女神官。
それを助けた者こそ、ゴブリンスレイヤーと呼ばれる男だった…。

WEB発大人気ダークファンタジーをコミカライズ!!

ゴブリンスレイヤー1巻より引用

ゴブリンをひたすら狩り続ける冒険者、ゴブリンスレイヤーが主人公の作品。ゴブリンは単体では最も弱い怪物ですが、数が多く、群れを組んで行動するため、襲われた村は壊滅的な被害を受けています。

しかし、被害の大きさとは裏腹にゴブリンは放置されています。その理由は「報酬が少ないから」で熟練冒険者はゴブリン討伐の依頼を好んで引き受けようとはしません。

そんな中、銀等級(在野最上位)の冒険者で唯一ゴブリンを狩り続けているのがゴブリンスレイヤーです。彼は銀等級とは思えない身なりに、最弱といわれるゴブリンだけを狩って銀等級になっていることから、他の冒険者に蔑まれているのでした。

 

世界観について

ゴブリンスレイヤー1巻より引用

ゴブリンスレイヤーは敗北=死で、強者が弱者を貪る残酷な世界観です。ヒロインの女神官が冒険者となって初めてのパーティはゴブリンに壊滅させられています。

パーティの女の子は凌辱され、お調子者のリーダーっぽい男はめった刺しにされたうえ腕を引き千切られて惨殺されてしまいます。

それぞれ冒険者になった背景が分かる回想があり、かなり惨い描写ですが、この鬱屈とした世界観もゴブリンスレイヤーの魅力の一つです。

 

ゴブリンを狩り続ける銀等級の冒険者

ゴブリンスレイヤー1巻より引用

凶悪なゴブリンを熟練冒険者が放置する中で、ゴブリンスレイヤーは只ひたすらにゴブリンを狩り続けています。甲冑を常に身に着け、ぶっきらぼうに話し、至極合理的で時に冷徹に映りますが、彼の活躍で助かっている村も多いのは事実です。

在野最上位の銀等級の冒険者でありながら、安っぽい装備を着て最弱といわれるゴブリン討伐しか受注しないため、他の冒険者から馬鹿にされていますが、妙に小汚い装備はゴブリンを効率よく倒せるよう考えてのことです。

そのため、同じ銀等級の冒険者からも見下されていますが、表面的なことに囚われず、他人の白い目を意に返さいまま只ひたすらにゴブリンを狩り続ける彼を慕うものも極少数ですがいます。

そんな彼がそこまでゴブリンに固執するのは訳があり、過去に両親と姉をゴブリンに嬲り殺しにされ、自分は隠れて見て見ぬふりをしていたことに負い目を感じているからだったりします。

ゴブリンが人間を襲うのを楽しんでいる理由を質問された際、報復のために、殺すアイデアを考えては試し思いついては実行し、失敗と成功を繰り返すたびに楽しくなっていく、と自らをゴブリンに例えて引き合いに出していたのは印象に残りました。

 

まとめ

そんな感じで、コミカライズ版ゴブリンスレイヤーの紹介でした。

個人的に主人公の周りを意に返さない一匹狼な感じがツボで、内容も骨太でしっかり作られていたので、読んでいて面白いと思える作品でした。

散々綺麗ごと並べておいて恥ずかしい限りなんですが、

ゴブリンスレイヤー1巻より引用

やっぱ「くっころ」は好きです。ごめんなさい。