【シャドバ】ファフニールが弱すぎる?栄光の時代から不遇になるまで

今更感はありますが、ファフニールさんの栄光の時代から現在の不遇な扱いを受けるまでを辿っていきたいと思います。

個人的に好きなカードだったので、使用する機会がなくなったのは非常に残念です。

 

ファフニールが輝いてた時代

スタン環境

環境初期はランプドラゴンとミッドレンジネクロが流行っていました。

この時代は舞踏もなかったので、ファフニールを置いただけで相手がリタイアする事も多々ありました。

冥府エルフが流行りだすと、若干採用率が減りましたが、対抗で頭角を現してきたミッドレンジロイヤルにぶっ刺さるカードでした。

乙姫が猛威を振るったころにファフニールは大活躍していました。

 

エボルブ環境

エボルブ初期は死の舞踏が流行ったこともあってドラゴンを選ぶ人は少なかったです。

後期ではエイラ対策に超越冥府が流行りだし、それ対策にミッドレンジロイヤルが流行しました。

このエボルブ後期でもドラゴンは不遇扱いされていました。

ですが密かに疾走ドラゴンがめちゃくちゃ環境に刺さっていたのを覚えています。

そしてファフニールはミッドレンジロイヤル、テンポエルフ対策のキーカードでした。

この環境がファフニールさんが最も輝いていた時代だったと思います。

 

不遇な扱いになった現状

ROB環境からファフニールを採用する人はほとんど見なくなりました。

その原因は上位互換ともいえるカードが増えたのと何よりバハムートの存在が大きいです。

実際、ROB~TOGに掛けて登場したカードによりファフニールの存在意義はなくなりました。

バハムート

なによりの元凶。コスト1違いで全破壊+異常スタッツ。

唯一差別化できるとしたらアミュレットを破壊しないことくらい。

 

サラマンダーブレス

スペルだが間接的にファフニールの役割を奪ったカード。

コストが軽い、使いやすい、終盤も腐らない素晴らしい性能。

 

イスラフィール

敵全体2点は攻撃時だがサハクィエルから出せるのが大きい。

なにより4点回復が強すぎる。スタッツも高く差別化は難しい。

 

ラースドレイク

スタッツは低いが全体に3点ダメージを出せる。

エンハンスなのでファフニールと違って事故らない。

 

まとめ

環境がインフレしすぎたせいもあって、ファフニール程度のカードパワーじゃ追いつけないようになってるのも不遇になった原因なのかなと思います。

それにここまで上位互換ともいえるカードがあったらわざわざファフニールを採用する理由が見つからないのも正直なところです。

せっかくイラストもセリフもカッコいいのに勿体ないなーと思う今日この頃でした。

 

 

「天地を焦がす!!!」