【DFFOO】獅子の心5に挑戦してみた結果と攻略方法について

『DFFOO(オペラオムニア)』のスコール専用装備「獅子のベルト」を入手できる、獅子の心5に行ってみました。

何度か挑戦した結果、敵の行動や注意点について分かったことを解説していこうと思います。

 

パーティ編成

挑戦したパーティがこちらです。ガイアベヒーモスのブレイブ値が高いので、ブレイブ削りに特化したパーティを編成しました。

 

ジタン

イベント特攻の対象なのでステータスが大幅に上がります。「ストラサークル5」で「素早さダウン」を付与しながらブレイブ値を削れます。

 

スコール

同じくイベント特攻の対象キャラです。「ソリッドバレル」でブレイブ値を大きく削ることができます。あまり育成が進んでないのが不安要素。

 

ビビ

イベント特攻ではありませんが、「ファイア」のブレイブ削りが強力です。星5武器なので、さらに威力が上がります。

 

敵の行動や注意点について

エリア1

一巡目はスケルトン1体とゴブリンメイジ2体が出現します。

スケルトンの行動

スケルトンの行動は「斬撃、構える、HP攻撃、何もしない」の4択でした。

「構える」を使った次の行動で確実に「HP攻撃」を使用してきます。スケルトンが構えるを使用した場合は、最優先でブレイクを狙っていきましょう。

使用してくるタイミングは敵の狙いマークがこちらに向いていないときです。上の画像のスケルトンは次に構えるをしようしてきます。

 

ゴブリンメイジの行動

基本的にデシェルかブリザドの二択でした。デシェルは魔法弱体を付与されますが、このエリア以外で魔法攻撃を使ってくる敵が出現しないので、倒してしまえば問題ありません。

ブリザドはデシェルと比べるとブレイブを多く削られますが、大した威力ではありませんでした。

 

エリア2

2巡目はリーダーウルフ1体にウルフ2体が出現します。

リーダーウルフの行動

初動は確実に「強化の号令」を使用してきます。「強化の号令」は全体の素早さをアップする効果があるので、できれば先に倒しておきたいです。

間に合わないようであれば、先にウルフのブレイクを狙っても問題ありません。

 

ウルフの行動

ウルフの行動は「体当たり」か「かみつく(HP攻撃)」の二択でした。体当たりのブレイク削りは大したことはありませんが、ある程度(600~700くらい?)ブレイブが貯まると「かみつく」を使用してきます。

 

エリア3

3巡目はベヒーモスが1体出現します。

ベヒーモスの行動

ベヒーモスの行動はブレイブ攻撃、HP攻撃、雄叫び、いかずちの4択です。

HPが半分近くになると「雄叫び」→「いかずち」→「HP攻撃」の順番で使用してきます。雄叫びのタイミングは敵のマークがベヒーモス自身に向いたときです。次にALLになるといかずちを使ってきます。

いかずちのブレイブ削りは強力なので、雄叫びを使ってきたらHP攻撃は控えるなどの対応が必要です。

 

エリア4

4巡目はスケルトン3体が出現します。

スケルトンの行動

エリア1のスケルトンとほとんど同じ行動をとってきます。構えるを使ってきたスケルトンを優先してブレイクすれば問題ありません。

 

エリア5

5巡目にボスのガイアベヒーモスが出現します。基本行動のブレイブ削りが強く、1000以上のブレイブがあっても一発で削られます。

 

ガイアベヒーモスの行動

ガイアベヒーモスの行動は「スントラ(BRV攻撃)、しゃくり上げ(HP攻撃)、大地震、フレア(BRV攻撃)」の4択です。

序盤の行動はスントラ→しゃくり上げ(ブレイブ値が貯まったら)です。HP半分になるまではこの行動を繰り返します。

ガイアベヒーモスは初期ブレイブが高いので、ブレイクされると5000近くのブレイブ値になってしまいます。そのため、狙われているキャラでHP攻撃はしなように気をつけましょう。

HP半分近くになってからは、大地震を放ってきます。使用タイミングは敵の狙いマークがALLになったときです。

大地震はブレイクこそされませんが、こちらのブレイブを一気に削られるので、使用される前にHP攻撃を使っておきましょう。

HPが半分以下になるとBRV攻撃がスントラからフレアに代わります。スントラよりもブレイブ削り値が高いので、狙われているキャラのブレイブを常に1500以上は確保しておきたいです。

また、ブレイク後の復帰タイミングにも注意が必要です。なぜかというと、復帰後すぐに、しゃくり上げ(ブレイブ2000以上)を使用してくることがあるからです。

復帰タイミングはブレイクから5ターン後なので、ブレイクするタイミングには注意しましょう。

 

結果について

無事に入手することができました。何度も失敗していたので、クリアしたときは嬉しかったです。もう少しキャラのレベルが上がっているともっと楽だったのかなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です